忍者ブログ
妄想垂れ流し。 SS駄目な人は注意してね。 基本的にエロパロ版のゆゆこスレで投下したのを載せてます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


・竜児 大河
・大河の気持ち


「おい大河ー、晩飯何か食いたいのあるか?」


こいつは高須竜児、私の使えない駄犬。

「今頃聞いてどうするのよ、アンタさっき買い物済ませたじゃない」

これだから駄犬は。さっき自分で買い物しといていまさら聞いても遅いじゃない。
それよりもさっき買ったものからすると今夜はマーボー豆腐あたりかな?
ま、少しは肉が入ってるから今日は文句を言わないでやろう。
この駄犬は栄養バランスだかなんだか知らないけどそんなの気にしてばっかり。もっと肉を食べたいのに。

まったく変なとこにばっかり気が利くんだから。

「あー、その…なんだ、今日はお前の誕生日なんだろ?
材料は買ってあるから好きなの作ってやるよ」

「…はぁ?」

…まったく、ホントに変なとこにばっかり、気が利くんだから。

「…なんで、私の誕生日、知ってるのよ」

「お前が前に1回だけ、言ってたのを思い出してな。
…実は昨日思い出したんで、プレゼントは用意出来なかったんだが。
かわりと言っちゃないんだが今日は腕によりをかけてやるよ」

やばい。すごく嬉しい。誕生日を祝ってもらうのなんて何年ぶりだろう。
記憶に残ってる限りじゃ小学生の頃が最後だった気がする。
そもそも自分ですら忘れてた誕生日を、このアホ犬が覚えていることが驚きだったけど。

…そんな優しいアンタだから、みのりんとうまくいってほしいと思うよ。

そんなことを考えた瞬間、急にモヤモヤしたものに襲われる。
気づいてはいけないこのモヤモヤの正体。大河は、認めたくないが、この感情がなんなのか薄々気づいている。
言ってしまいたい。でも言ったらダメ。みのりんと竜児はお似合いなんだから。
でもちょっとだけなら…。

「じゃあ…竜児に任せる。」

竜児が、私のことを分かってくれてるか確かめるだけなら。

「なんでもいいのか?好きなものなんでも作ってやるっていってんのに…」

「うっさいわね、アンタに任すって言ってんのよ。いいからさっさと作って。お腹空いた」

「分かった分かった」

苦笑いで台所に向かう竜児。
これはそう、ちょっとした神経衰弱のようなものよ。私が心の中で勝手に決めたのが出るかだけ。
別に当たってもなんでもない。当たるわけない。これは私の気持ちとは関係ないことなんだから。
そうね…チャーハン。竜児が最初に作ってくれた料理だし。あれが食べたい。
他のでもいいけどね、まぁ久しぶりにあの味を思い出したいっていうのかな、そんなもの。
きっと外れる。うん、私の気持ちなんか分からないはずよ、なんたって駄犬なんだから。
分かってなくてもいいんだけどね。

…竜児、アンタは私のこと、分かってくれてるのかな?


***


材料は昨日のうちに大方買っておいていた。
今日追加で買ったのは、学校の帰り道に大河がすごくお腹が空いてそうだったからだ。
それじゃ用意した分じゃ足りなくなる可能性がものすごくあった。
平常時だって朝からご飯を三膳食べちゃうような奴なんだ、あの逢坂大河は。
なんだってアイツはあんなちっちゃい体であんなに食えるんだか。
だから、本当にたくさん作ってやった。

「どうだ、すごいだろう」

机に並びきらないんじゃないかというくらいの料理の数々。
約束どおり腕によりをかけて作った。それはもうギャル○根も喜ぶくらいの量と味のはずだ。

「…さすが駄犬、量の加減を知らないわ」

呆れたような顔をする大河。……手乗りタイガーにいっぱい食わせてやったぜ。
あ、いっぱいって満腹って意味じゃなくて驚かせたって意味でな。
そんな誰に対する言い訳かわからないものを心のなかで呟いてほくそ笑む。
笑うとシンナーを吸ったI can flyなお兄さんですら裸足で逃げ出すような顔になるが、これは生まれつきなのだ。

そんなことを考えている間に、大河は「いただきます」と一言、勢いよく食べ始める。

がつがつがつがつがつがつがつがつ!

 

…?
なにか違う。いつもの大河ではない気がする。
食う勢いもいつも通り。こぼし具合も散らかし具合もいつも通り。でも、何か違う。
雰囲気が違うというか。一緒にいるときごくたまに感じるような雰囲気。
こういうときはそう、大河は大抵不機嫌になっていたりするんだ。

「なぁ大河…なんかお前変じゃないか?」

がつがつがつがつと勢いよく進んでいた手がピタッと止まる。
体勢ははそのまま、大きめの皿をかきこむように持っているせいで顔は隠れてしまっているが、
声は不機嫌そのものの塊のような声だった。

「…もういらない」

「な…」

ぽいっとスプーンと皿を投げ出し、背を向けてしまう。
でもその背中からはなんというか、いつものようにゴゴゴゴゴゴゴゴゴ…というような怒りではなく
悲しさというか、諦めのようなものが漂っている。
…この手乗りサイズの虎は、またなにか一人で悩んでいるに違いなかった。

「…はぁ。急になんなんだ。せっかく作ったんだから残さず食べてくれよ」

「いらないって言ってんの!…もうお腹空いてない」

「おい…っ、たく…」


***


そう、竜児は別に悪くない。
あれだけ豪華なものを作ってくれたのだ、感謝すべきだろうとは思う。
久しぶりの誕生日を祝ってくれたことも感謝すべきだろう。本当にすごく嬉しかったのだし。
ただ、竜児は分かってくれていなかった。私の気持ちを。
勝手に期待して、勝手に失望して、これはワガママだってことは分かっている。分かってはいる。
でも、竜児ならこんなワガママでも叶えてくれる気がしたんだ。
いつだって竜児は私がそばに居てほしいときに居てくれた。励ましてくれた。
だから期待してしまっただけだ、失望するのは分かっていたのに。
竜児の心の中はみのりんで一杯。そんなこと、分かっていたはずなのに。

後ろでは竜児が無言でカチャカチャとお皿を動かし、机と台所とを行き来している。
きっと料理を下げているんだろう。
すごく申し訳なくて、すごく切なくて。
どうして分かってくれないの!と怒りがこみ上げてくる。
こんなことはあってはならないんだ。私は、どうせ誰にも理解されないんだ。
それを竜児には諦めじゃなくて怒りが沸いてくる。好きだから。好きだから分かってほしかった。

でも、竜児は分かってくれない。
うん、いいんだ。そう、私は誰にも理解されない。うん、誰もわかってくれなくていい。
私は一人なんだから。竜児には、みのりんがいるんだから。


「…お前なぁ、何があったのか知らないがいくらなんだって食べな過ぎだぞ。
これなら食えるだろ、とりあえず腹の中に詰めとけ」

いつの間にか竜児が隣にいた。片付け終わるにはちょっと早いと思ったが、とりあえず料理を下げただけなのだろう。
竜児は手に持ったそれをスプーンで掬い、横から大河の口にそれをつっこんできた。懐かしい味のそれを。

「フガッ!…んぐんぐ…ん、んぐ。なにすんじゃー!」

 


ポロッ
……あ、あれ…

「お、おい、急に泣くなよ!」

違うの竜児。おかしいの。泣いてる訳じゃなくって勝手に涙が出てくるの。

「おっかしいな…おまえチャーハン好きだったよな」

好き。竜児が作ったチャーハンは。

「それ…なんで…さっきは無かった」

「お前のことだから作った料理全部食べちまうだろうと思って。
その後まだ腹減ってたらと思って作っといたんだけど…」

「…よこせ。お腹空いた」

竜児からチャーハンとスプーンをひったくって口の中にかきこむ。
卵とご飯がちゃんと絡んでて、具もしっかり火が通ってて、なにより今まで一番優しい味がする。
前食べたのってこんなにおいしかったっけ。
あ、そういえば私の気持ち当てられちゃったなあ、どうしよう。
でもこのバカ犬はチャーハン最初から出してたわけじゃないし。でもちゃんと作ってくれてたしなあ。
まあこんなのが当たったところでどうせこいつは私のことなんか分かってはいないんだろうけど。
ま、いっか。今はチャーハンを味わおっと。

「りゅうじ!おかわり!」


end
 

PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1
«  Back :   HOME   : Next  »
カウンター
プロフィール
HN:
155 ◆p9YEao7oZg
性別:
男性
趣味:
とらドラのSS書き
自己紹介:
大河超可愛すぎ

竜児と大河に幸あれ

web拍手
↑楽しかったなーと思ったらポチっとお願いします
最新記事
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
バーコード
忍者ブログ [PR]